早漏対策とは?早漏防止とトレーニング法について

早漏対策とは?早漏防止とトレーニング法について

早漏対策とは?早漏防止とトレーニング法について

早漏って意外と悩みは深刻なのにあまり人に言えないので悩みを抱えたままどうすればいいのか?と焦ってる人が多い悩みの一つです。
性の悩みはなかなか解消法がないので厄介ですね。人に言えないし、そもそも早漏でない人からすれば早漏で悩む人の気持ちってわからないものです。

 

ではその早漏の対策、改善方法について少し書いてみます。
私自身も過去かなりの早漏、というか脱いだ時点で出てしまったこともありました、
自分の場合その当時は初めてだったので慣れれば早漏は治ると思っていましたが現実はそうではありませんでした。

 

早漏対策のコツ

早漏対策のコツをいくつか書いてみます。
早漏対策として間違った方法があったり、いろいろ個人差があるので効果がないものまで出回っていたりするのでその辺を正していきたいと思います。

 

薬はやってはいけない

これは確実に経験者として言えます。
早漏対策として最近はSSRIという抗うつ剤が話題です、安全性が高く副作用が少ないということ、そして服用することで早漏を改善するとも言われています。
しかしSSRIはあくまで本来は抗うつ剤です。
SSRIを服用した男性に早漏改善の効果があったということですが、私この抗うつ剤の恐ろしさを知っているのであえて使用は反対します。
私が使用したものはセロトニン系の抗うつ剤でしたが確かに早漏改善に効果はありました、しかし使用していくうちに不能、勃起不全などに襲われました。
最終的に全然起たなくなり、性欲そのものがなくなりました。
そもそも健全な人が抗鬱剤なんて恐ろしいもの使う必要はないんです、性欲は交感神経によって成り立っています、つまり脳ですね。
ここに作用するものを使用すること自体狂気の沙汰です。
最終的に精神的にも不安定になり、起たなかったらどうしようという強迫観念に駆られて性行為自体が恐ろしくなりました。
また、少し前に流行った麻酔成分を含んだ早漏対策の薬もありましたが、それもはっきりって気持ちよくありません。
そもそも性器というデリケートな部分に麻酔薬をしようすることじたいあまりいいことではありません。
とにかく早漏対策としてこれらの薬を使用することは厳禁と言えます。

 

早漏対策はとにかくトレーニングである

早漏の対策としてもっとも効果的であるのがトレーニングです。
早漏は生まれつきだから仕方ないと思われる方も多いのですが、実はトレーニングで治ります。
というのも男優なんかはほとんどがトレーニングを行っています。
射精をコントロールすることは本来人間だれしも備わってることなので別に理論的に無理なことではないのです。
またすぐにでてしまったら・・という強迫観念も危険です、この辺は慣れなどである程度改善できるのですが、とにかく自分自身の中で治るという意識を持つことはとても重要なのです。

 

 

 

 

 

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ